ipa 情報セキュリティ10大脅威 2020

10大脅威、個人は「スマホ決済の不正利用」が初登場で1位に(ipa) ipaは、「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表した。これは、2019年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案をランキングしたもの。 (2020年2月27日) 2020.03. 「情報セキュリティ10大脅威 2020」 が公表されました。 これは、2019年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる 情報セキュリティにおける事案から、ipaが脅威候補を選出し、 情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者等で構成される

2 IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)から『情報セキュリティ10大脅威2020』の解説資料が公開されました。

ipaが「「情報セキュリティ10大脅威 2020」各脅威の解説資料」を公開 最終更新: 2020-03-04 2020年2月27日、情報処理推進機構 (IPA) は、「情報セキュリティ10大脅威2020」で挙げられている各脅威の解説資料を公開しました。 独立行政法人 情報処理推進機構(以下 ipa)より、「情報セキュリティ10大脅威2020」(*)が発表されました。内容を確認すると、10大脅威のうち「予期せぬit基盤の障害に伴う業務停止」が昨年16位から大きく順位を上げています。



, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,