香典袋 水引 銀 金額

双銀の水引の香典袋 双銀(銀×銀)の水引の香典袋は、5000円よりも包む金額が多いときに使います。 黄色の水引の香典袋 金封 3p 黄白/大阪折 オ-331f 価格:108円(税込、送料別) (2017/9/19時点) ↑上の画像は楽天リンクになっております。 法事の香典袋は地方による差が非常に大きく、「これが正しい」と言い切ることが難しいものでもあります。 黄と白の水引を使うところもあれば、青と白のものを使う地域、白と黒の水引、あるいは双銀のものを使う地方などもあるからです。 香典は葬儀の際に持参しますが、中に入れる金額に合わせて水引きの色も変わります。香典を持参する時には金額に合わせて水引きを選ばないと袋と中身が合わなくなってしまいます。今回は香典袋の水引きについて詳しく解説しています。香典袋の種類や金額の相場も紹介しています。 神道(神式)の香典袋と水引 神式の葬儀の香典袋には、 双白 もしくは 双銀 の水引きを使います。 万が一、参列する葬儀が神道か確信が持てないという場合には、白黒の水引を選びましょう。 香典の金額が1~2万円程度の場合は、黒白の水引きがついた水引金封を使用します。 印刷されているタイプの香典袋は使用できないので注意しましょう。 3~5万円. 香典袋の書き方. 香典とは現金を不祝儀用の水引を結んだ袋に包んだものをさします。 古くはお通夜や葬儀・告別式に参列する人は故人に対してお線香や香木、 抹香 まっこう などをお供えしていましたが、現代ではこれが現金に置き換わっています。 3.1 1.まず香典袋の水引の結び目がある側の中心に; 3.2 2.お金を包む中袋または内袋の表側に金額を; 3.3 3.相手側に迷惑や不快感を与えないように; 4 まとめ そもそも香典って何? 香典とは. 不祝儀袋は、 包む金額が1万円から印刷モノではなく正式な水引が付いたものを使います。 1万円、2万円は白黒の水引き。 3万円、5万円になると銀黒の水引きのものを使います。 正式な水引が付いた不祝儀袋には「中袋」が付属しています。 お葬式には服装、ふるまい、あいさつなど気をつけるべきマナーがありますが、香典にも注意すべきマナーが多く存在します。 例えば、香典に包む金額によって、香典袋の種類に気をつけたり、お金を包む中袋にも記入する内容とそのルールがあります。


, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,