雇用保険 マイナンバー 不要
《コラム》雇用保険手続きにマイナンバー記載が必須に 5月からの雇用保険のマイナンバー取扱い 平成28年1月から利用が開始されたマイナンバーですが、税の方では確定申告等で利用が進んでいます。事業所における社会保険手続は平成30年3月5日から記載が求められるようになりました。 雇用保険の届出に マイナンバーの記載が必要です。 マイナンバーの記載が必要な届出・申請書などは次のとおりです。 ①雇用保険被保険者資格取得届 ②雇用保険被保険者資格喪失届 ③⾼年齢雇⽤継続給付受給資格確認票・(初回)⾼年齢雇⽤継続給付⽀給申請書 ④育児休業給付受給資格確認 雇用保険の手続きについて各地のハローワークが届け出等にマイナンバー(個人番号)の記載を執拗に求めている問題で、全国商工団体連合会(全商連)は3月20日、厚生労働省職業安定局雇用保険課にヒアリングを行いました。

Q1 マイナンバーを記載して届出ることは義務なのですか? A1 はい。事業主は、番号法および雇用保険法に基づき、雇用保険手続の届出に併せてマイナンバーを 届け出ることが義務づけられています。

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,