就業規則 従業員代表 意見書

就業規則の作成・変更について、企業に従業員の代表者(従業員の過半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合、それ以外の場合は、従業員の過半数を代表する者)の意見を聴かなければなりません。.

就業規則を作成・変更した後には従業員代表に就業規則の内容を説明して、就業規則の意見書に、就業規則に対する意見を書いてもらう必要があります。 簡単に就業規則の作成の流れが下記になります。 ①就業規則を作成する ②就業規則意見書を作成する ただし、従業員側が規則の内容に反対する場合は、意見聴取に協力せず事業主が意見書を提出できないこともある。こうした場合でも、従業員代表に意見を聴いたことが明らかとなる書類があれば、労働基準監督署はその就業規則を受け付けてくれる。 書類になります。 労働基準法では、就業規則をはじめて届けたり、以前のものを変更したときには. そうは言っても、就業規則などの労働条件は労使が対等の立場に立って決定していくのが基本となりますので、会社が一方的に決定するのではなく、従業員代表の意見にはよく耳を傾け、できるだけ尊重する姿勢が大切です。 従業員の中から選出された代表者が、この就業規則の改定に異議ありません。 ということを証明するような意味合いのものなのですが、そもそも作成・提出の義務がない場合であれば、意見書もいらないん … 就業規則意見書を作成する; 過半数代表者は、どのような方法で選べばいいのでしょうか? 就業規則を労働基準監督署に届出する; 就業規則を周知する; 就業規則は印刷して従業員に配布しないといけないのでしょうか? 就業規則変更届のダウンロード

これは従業員の1名が代表者として 「就業規則を読みました、読んだ結果、このように感じました」という事を書く. 就業規則意見書の様式は、こちらからどうぞ。 上記は意見書(従業員代表の場合)のサンプルです。特に様式は決まっていませんが、参考として掲載しています。トラブル防止のために本人に署名押印をしてもらうようにしてください。 意見書の書き方 意見書 従業員代表の意見書は、労使の関係の規則規定を、制定及び変更するときに必ず必 要となる。後に就業規則の変更が発生する場合もその都度必要となる。 (1)事業所の名称を略字を使用せず正確に記入。 就業規則を変更(作成)したときは、就業規則の「変更(作成)届」と従業員の過半数代表者による「意見書」を就業規則に添付して、労働基準監督署に届け出ることが、労働基準法で定められています。 変更した就業規則を就業規則変更届に意見書を添付して、事業所を管轄する労働基準監督署に提出します。 4.従業員への周知. 意見書とは . 就業規則を監督署へ届出る際に、従業員の過半数から信任を得て選ばれた代表者が、就業規則について意見を記した書面を添付する必要があります。 また、従業員の過半数で構成される労働組合がある場合には、労働組合の意見書が必要となります。



, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,