天王寺 動物園 剥製
大阪の天王寺動物園や九州の熊本動植物園などには、今も貴重な剥製が所蔵されている。また、オランダのライデンにある自然史博物館には、シーボルトが長崎に近い出島に滞在していた時に母国へ送ったとされるニホンアシカの剥製が所蔵されている。 大阪市の天王寺動物園で開催されていた『戦時中の動物園展』を見に行ってきました。2006年から毎年、終戦の日に合わせて8月頃に園内で期間限定で開催されています。今年は8月6日(火)から8月18日(日)までの13日間でした。レクチャールームの入口のポスター。 5頭すべてが剥製にされた。阪神パーク閉園後、「レオ吉」と「ポン子」は天王寺動物園、「チェリー」と「ディジー」は国立科学博物館にそれぞれ引き取られた。

こちらは特別展示中のスマトラサイの剥製です。 日本初のサイ飼育は天王寺動物園のスマトラサイであり、[1921年(大正10年)(6月21日) スマトラサイを23,500円で購入。] この剥製が大正10年から大正14年まで飼育されていたそのスマトラサイです。 天王寺動物園には、昭和初期(1930年代)に飼育されていたニホンカワウソと思われるカワウソの剥製が保管されています。もし剥製の遺伝子を調べることができれば、このカワウソたちもいつごろ日本列島へと渡ってきたのか、きっとわかることでしょう。 大阪市天王寺動物園(おおさかしてんのうじどうぶつえん)は、大阪市 天王寺区の天王寺公園内にある大阪市立の動物園。 1915年(大正4年)1月1日に開園した、日本で3番目に長い歴史をもつ動物園。 面積約11ヘクタールの園内に、約200種1000点の動物が飼育されている都市型総合動物園。 天王寺動物園 スマトラサイの剥製展示 2014.1.2 [ 2014-01 -03 00:39 ] トミーのクロサイの醍醐味に歓喜 2013.12.22

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,