国民年金 追納 加算額

(参考:国民年金法 第94条第3項、国民年金法施行令第10条) 追納加算額は年々大きくなるので、払う余裕があるのであればなるべく早く払うようにしましょう。 なお、令和元年(2019年)度中に追納する場合、納付する保険料(月額)は下表のとおりです。 国民年金の追納によって、国民年金を一か月分追納すると、年間1,650円の年金受取額が増やすことができます。 2年間分の追納をする場合1,650(円)×24(ヶ月)=39,600(円)の年金受取額が増えることになります。 追納の場合は加算額がある .

年金保険料の追納は3年以上経つと加算額が上乗せされるので、基本的には2年以内に追納するべきです。しかし節税のことまで考えると、必ずしも2年以内に追納するのがお得とは言えません。なぜなら、所得税と住民税は年収に応じて税金の額が異なるからです。 娘が大学生のとき、国民年金の「学生納付特例制度」を利用していました。この猶予された保険料の追納期限が10年までということになっています。娘の追納期限が近づいているということで、この追納のメリット・デメリットについて調べてみました。学生納付特 私は2017年1月に学生時代に猶予されていた国民年金の追納を行いました。今回は国民年金の追納とはなにか、それによってどんな効果があるのか、などについてお話ししたいと思います。国民年金の追納とは20歳になったら、皆さん年金を支払いますよね。将 年金受給額を増やすために追納をおすすめします。 追納は10年以内であれば行うことができます。 なお、免除・納付猶予の承認を受けた年度の、翌々年度を越えて追納する場合は、承認された当時の保険料に経過した年数に応じた額が加算されます。 学生納付特例で国民年金を追納する時、 3年目以降だと「加算額」が追加されます。 これは、その年に払うべき年金に少しだけ上乗せされるということです。 つまり「若干 支払額が増えちゃう」 わけです。 本当にいやですよね。

国民年金を追納することで年金受取額が増える. 公的年金の仕組み. 学生納付特例で猶予(学生免除)を受けていた国民年金保険料。払うべきなのか払わない方が良いのか悩みますよね。今回の記事ではそれを判断するための指針を紹介します。追納分の保険料を支払わずに自分で運用したらどうなのか?という疑問にも答えているので、ぜひ参考にしてください。 1.1 ①国民年金は【終身年金】である事を忘れないように; 1.2 ②「遺族年金」「障害年金」の受給要件を満たしているかどうか; 1.3 ③国民年金の保険料は所得控除の対象 1 年金受給額以外で追納するか・しないか判断する際に知っておきたいコト.

図でみると分かりやすいかと思います。
国民年金の保険料は全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除、学生納付特例などがありますが、これらは追納した方が結果的にお得になる可能性が高いです。ただし、ある条件の時だけは追納してもしなくてもどちらでも良いという判断になりました。

冒頭でも話していますが、 国民年金 だけに加入している人(自営業など)は65歳から 老齢基礎年金しか支給されません。 それに対し、会社員の人が加入する 厚生年金 の場合、 老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金も受給することができます。.

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,