ラグビーワールドカップ 大分 経済効果

決勝戦は11月2日だが、来場者のもっともらしい推計が国土交通省観光庁(JNTO)から出され、日本政策投資銀行から面白い纏めが出ていた。まず予算は630億円とのこと::ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は26日の理事会で、最終の大会予算案を承認した。 今年はラグビーワールドカップ(W杯… ラグビーW杯、G20、関西経済に飛躍の好機 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ) 企業 【日本ラグビー協会】ラグビーワールドカップ2019組織委員会 開催都市決定のお知らせ【組織委員会】 3月2日の夜、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの開催地が決定しました。 北は札幌から南は熊本、大分まで、全国12都市で開催されます。
なぜ、ラグビーワールドカップで大きな経済効果が期待できるのでしょうか?それは、海外から多くの観戦客がやってくることに起因しています。海外からラグビーを観戦しにきた人は、観光もするはずです。 その観光による経済効果も大きいと考えられています。


|戻る】| ワールドカップの実態 別井 佑 【目次】 序章 ワールドカップの経済効果について 第二章 ワールドカップの実態 第二章 第一節 ワールドカップ後のスタジアム運営 第二章 第二節 ワールドカップ全体の経済効果 第二章 第三節 一般的に言われる日本経済に与える影響 今回のラグビーワールドカップ2019組織委員会がまとめた「ラグビーワールドカップ2019大会前経済効果分析レポート」によれば、今大会が創出する経済的波及効果は、約4,372億円(直接効果は1,917億円、一次間接効果は1,565億円、二次間接効果は890億円)に上ると


, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,