キーボード 選択 クリック

キーボードでの範囲選択なら1文字単位の指定が簡単なので、マウスで範囲選択する際よくある、 「あ~、行き過ぎた」 → 「今度は戻しすぎ」 → 振り出しに戻る という無間地獄に陥らずにすみます。 そのショートカットを右クリックし、[プロパティ]を選択。[ショートカットキー]の項目には[なし]と入っているので、そのボックスをクリックして、キーボードから1文字、たとえばpキーを選びます。

もう一[Shift]キー+度[F8]キーをクリックすると選択範囲に追加モードは無効となります。 -- -- キーボードやマウス、そしてキーボードショートカットを使って複数のセルを同時に選択する方法について解説しました。 Excelの使い方の他の記事を見てみる 3行目を選択しています。 行選択をする場合は、わざわざ文字列をドラッグ(引っ張る)する必要はありません。 左の余白を、ワンクリック してあげてください。. 次の選択対象までポインタを移す。 ここで、「Ctrl」キーを押しながら、マウス左クリックで選択して指を離す。(先の選択は選択状態のままで、これも色が変わって追加選択状態になる) これを必要なだけ … マウスを右クリックしたときに表示されるメニューは、ファイルを開かずに印刷したりできて便利です。しかし、作業に集中しているときにマウスに手を伸ばすのは、ムダな動作になる気がしませんか? アプリケーションキーを使ってみましょう。 オフィス系ソフト - エクセルの入力規制で、 リスト→ドロップダウン リストから選択する にすると、マウスでクリックして選択できるようになります。これを、キーボードで操作したいのですが、方法が分 … 例えばセルに”あいうえ”と入力されていたときに、 セルをダブルクリックして”い”と”う”の間にカーソルを 持って行くことが出来ます。 このダブルクリックすることと同じ効果をキーボードの操作で 行いた

通常 ファイルやフォルダをマウスでクリックすると、ひとつずつしか選択できませんが、キーボードのCtrlキーを押しながらマウスで選択していくと複数選択、Shiftキーを押しながらマウスで選択すると範囲選択が可能となります。. 離れた行を同時に選択することもできます。 複数行・複数列を選択した状態の場合は、その行数・列数分、挿入・削除ができます。(2行選択した場合は2行追加・削除される) 行・列の全体を選択していない場合は、セルの挿入・削除ができます。 右クリックせずに右クリックの操作をしたい! キーボードから上下の矢印キー「↑」「↓」を使いメニュー内の項目を選択できます。「Enter」キーを押すと決定します。(マウスの左クリックと同じ操作になります) キーボードを使ったキー操作だけで「マウスの右クリックのメニュー操作」ができますね。 キーボードやタッチパッドを使って、マウスなしでもスムーズにパソコンを操作する方法を紹介します。 いざという時に覚えておきたい、マウスを使わずにカーソル移動やクリックをする方法 | エンジョイ… 離れた行を同時に選択する. キーボード操作中にダブルクリックが必要でもマウスに持ち替えるのが面倒なとき、あるいはダブルクリック操作を1回のキー操作で実行したいときがあるとしましょう。



, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,