むくみ 漢方 妊婦
むくみは妊娠中に起こりやすい症状の一つです。特に足に症状が出やすく、出産するまで症状が続く場合もあります。妊娠中はホルモンバランスの影響や、おなかが出てくることによってむくみが起こりやすい時期ですが、妊娠後期に起こるむくみにはいくつかの原因があります。 むくみは、多くの妊婦さんが経験するトラブルの1つです。顔や脚が張ったり丸くなったりすると、太ったのでは?と不安になる方もいると思います。そんなむくみの原因はいったい何なのでしょうか。また、自宅でできる解消法はあるのでしょうか。産婦人科医130人に聞いてみました。 むくみに対して最もよく使われる、代表的な漢方です。利尿作用があり、水分摂取が多い割に尿量が少ない方に効果があります。体調不良によるむくみにも効果的で、二日酔いや腎臓疾患を原因としたむくみまで、幅広く使われます。水分過多による頭痛やだるさなどが解消されます。 むくみの解消には、食生活の改善やマッサージなどさまざまな方法があるとされていますが、実は漢方もむくみに効果的だということを知っていましたか? 日本で独自に発展した漢方医学やむくみへの効能について、漢方専門医・古屋京子先生に教えていただきました。 今回は、「妊婦さんがむくみやすい時期」と「妊婦さんが漢方薬を使用する際の注意点」について調べてみました。

漢方は奥深く、使い方が難しいと感じている妊婦さんも多いです。そんな妊婦さんたちの、漢方に対する疑問や不安をも解決していきます。 漢方薬は両刃の剣? 漢方は、体質と体のバランス状態で調合し、処方し、そのうえ正しい服用が必要です。
また、むくみ解消法の一つとして、「漢方薬を利用する」という方法がありますが、妊娠中でも漢方薬は飲めるのでしょうか? .


, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,